== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 大事なこと ==

わすれられないおくりもの

メンソーレ!
「いいはなシークワーサー」のお時間です。
秋を告げる風の音が聞こえる、今日この頃。



0828.jpeg
「宿題終わらへん」


そんな、子供達の声もちらほら聞こえてきます。
最近の子供は、ニンテンドーDSだの、PSPだのって、ゲームばっかりやっちゃって、第二の高橋名人が出てくるって噂ですよ。
かくいう私も。

そんな子供達は、夏休みの宿題で、一番簡単な読書感想文なんかも、
きっと手間取ったりなんかしたり?


ならば、私が代わりに読書感想文を書きましょう!


ということで、
今日の「いいはなシークワーサー」は、またボビーのオススメ本の紹介です。
私が幼稚園児の頃から、ある絵本なので、みなさんご存知かもしれませんが、
この絵本、本当に心にしみるいい絵本なんです。


スーザン・バーレイ作絵
わすれられないおくりもの
DSCF1496_convert_20090828170750.jpg
賢くて何でも知っているアナグマは、いつもみんなから頼りにされ慕われていました。
でも、年取ったアナグマは自分の死が、そう遠くない事を知っていました。
そして、ある夜、長いトンネルを浮き上がるように走る夢を見ながら死にました。
かけがえのない友だちを失い、残された仲間たちは悲しみでいっぱいです。
ただ、ただ..涙を流すばかり。
しかし、アナグマは自分が先に逝ってしまっても、みんなが困らないように、たくさんの知恵や工夫を教えてくれたのです。 
みんなは互いに、いろいろなことを教えてくれた優しいアナグマの思い出を語り合うようになりました。


「わすれられないおくりもの」を読んで 
 
  1年2組  イモト☆ボビ子


 実は、この絵本を買ったのは22歳くらいの頃。
 本屋で見つけて、懐かしいな~と思い、つい衝動買い。
 でも、この衝動買いは間違いじゃなかった!

 人間生きている以上、出会いと別れを繰り返します。
 私も身内の死や、友人の死、そして愛犬の死という「別れ」を経験しました。
 そして、私も、いつか死にます。(できれば、ぽっくり逝きたい。)
 バンビも、あと10数年後には死んでしまいます。(これまた、ぽっくり逝ってほし
 い。)
 犬の寿命は、人間よりも短いです。
 バンビが誕生日を迎えると、おめでとうという気持ちと、お別れが少しづつ近づい
 てくることを考えてしまいます。
 でも、お別れの時期が分かっていることは「心の準備が出来ていい」のだと、私は
 思います。
 バンビの命が永遠でないと思えば思うほど、「今一緒にいる時間を大事にしていこ
 う」と思えるから。
 ペットが逝ってしまってから、「もっと可愛がってあげれば良かった...」と思って
 も、もう遅いんです。

 実家いた犬の「ミルク」は、私が16歳の時に逝ってしまいました。
 当時の私は犬の寿命なんて知る訳もなく、いなくなることすら考えていませんでし
 た。
 冷たくなったミルクをなでながら、
 「もっと、いっぱい遊んであげればよかった」と後悔しました。
 10年経った今でも後悔しています。
 いくら後悔しても、もうミルクは戻ってはきません。


ミルク写真集
IMG_0018_convert_20090828231132.jpg


 でも、その後悔があったからこそ、
 バンビへ毎日精一杯の愛情を注げるわけです。


 バンビやミルクは、アナグマのように、私に知恵や工夫を教えてはくれませんが、
 一緒に過ごしたたくさんの楽しい想い出を残してくれます。
 バンビに穏やかな一生を送らせてあげる事が、私の役目です。
 役目を十分に果たせたら、明るく天国へ見送ってあげるつもりです。
 そして、バンビが残してくれた「わすれられないおくりもの」を大切に、
 私は前向きに生きていきたいと思います。
 
 イエス、いいはなシークワーサー!



感想文は、敬語で文字数増やす!
にほんブログ村 犬ブログへ


『』の多用で、文字数増やす!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
スポンサーサイト

┃ テーマ:わんことの生活 ━ ジャンル:ペット

┗ Comment:2 ━ Trackback:0 ━ 17:03:58 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

NoTitle
私もうちのコたちの誕生日の度に
おめでとうの気持ちと
またお別れが近づいたと思う
複雑な気持ちになります。

日頃から何かあっても後悔しないように・・・
なんて思いながら接してないし
どんなにあれこれつくしたとしても絶対後悔はすると
思うし。。。私はこれまで犬・猫を数回見送りました
でも その度に泣いて後悔してきたし
うちのコで本当に幸せだったのかな?と
思ったり反省したり。。。
友達に
「いつまでも泣いてると虹の橋渡れないんだよ」って
言われたことがあります。でも 涙とまらないんだもん。。

このコたちはいろんなことを無言で教えてくれてますよ^^
それが思い出として残って・・・
その思い出があるから
残された私たちは前向きになれる

と、私は思っています
ただ そうなるのに
時間は必要だけどね



NoTitle
ちっぷさん家のコは、絶対幸せですよ!
犬達はしゃべれないけど、犬に私たちの気持ちはちゃんと伝わっていますから、大丈夫です。
 
見送る側は辛いけど、置いてく方がもっと辛いです。
ハチ公が亡くなったご主人を待ち続ける姿...、バンビには絶対させたくないって思います。
だから、辛いけどちゃんと見送ってあげれる事って、
幸せなことなんですよ☆

そう思うと、保健所に捨てられた犬達は
どんなに寂しく苦しみ、逝くのでしょうか...。
本当に、ひどい事をする日本人が減りません!
そういう奴らに、読ませてあげたい!!









        
 

== Trackback ==

http://inumowarawan.blog93.fc2.com/tb.php/89-2fffec59
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。